でかくろの裏だよ。 連れ合いの後出し日記。。


by rakachibe
カレンダー

<   2008年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

今朝は晴れた

が、
油断はできない。
とっとと犬を散歩。
わさび田の側のせせらぎ。
f0021654_1259551.jpg

るいのこっちを向いてる写真はまず撮れない。
泳ぐのは好きではないが、ここは浸かって楽しむ。つーより獲物を探す。
f0021654_130862.jpg

どこでもボール一筋のらもーな。
折角だから、浸かれよ。


で、コストコへ買出し。
途中で腹ごしらえ。
前から食べたかったうどんや。
本格手打ちさぬきうどん。
f0021654_1305380.jpg

micaは掻き揚げうどん(冷)。
ワタシはぶっかけ醤油(冷)。

うん!やっと近所で旨いうどんやに巡り会えた。コシがあって喉越しが良い!

非常に美味かったので釜玉うどんで2杯目。
f0021654_1312181.jpg

熱々のうどんに具をすべてIN
f0021654_1315887.jpg

        で、かき混ぜる。
f0021654_1323164.jpg


で、頂く。

旨旨!

f0021654_1344041.jpg

コストコは屋上駐車。きんと雲みたいな雲がいっぱい。
[PR]
by rakachibe | 2008-08-30 12:46 |

すげーーーー雨続きです

ここんとこすげーー雨続きです。
しかも夜中ばっか。
で、micaに相模川の様子を撮って来るよう,命を受けました。
f0021654_132786.jpg

なみなみ。
f0021654_13273564.jpg

で、帰りの空。高!
f0021654_1328099.jpg

入道雲一杯。
f0021654_13282529.jpg

こんな雲も。。。

で、案の定、夜雷雨でした。
ここ数日、こんな天気でるいが落ち着きません。
寝室にはバリケンがないので、気がつくと玄関に行っちゃってたりして。。。
なので、バリケンのあるリビングでワタシに引っ付いて一緒に寝てます。

この日の邪悪なお惣菜。
[PR]
by rakachibe | 2008-08-29 13:19 | 雑記

るいのこだわり

先日、るいとらもなを雨上がりのお散歩コースにて。
またるいがセミをくわえました。

が、次の瞬間、ぺしょっ。と吐き出しました。
これはどうしたことか?。
今朝、またセミをゲット。
口の中でジジッ!と騒いでます。
カリカリと良い音をさせて食べました。

・わかったこと

湿った死骸のセミは嫌い(マズイ。。。)
乾いた生きの良いセミは好き(ウマイ!)

つまりこういうことか?
f0021654_14275123.jpg


食感もあるんでしょうね~~。
f0021654_14282961.jpg

       ↑数年前のるい(可愛いので許しちゃう)
[PR]
by rakachibe | 2008-08-27 14:35 | イヌ

筒井康隆文明

今から30年前、全日本冷やし中華愛好会、通称「全冷中」なる会があった。
知ってはいるが、キチンと調べたところ。。

冬に冷し中華を食べられないことを憤慨し山下洋輔が筒井康隆、タモリ等とともに立ち上げ、「冷し中華祭り」を開催したのが始まりだそうだ。
(なにがそんなに面白かったのかわからないが、大いに盛り上がっていたようだ。私も当時とても面白がって一人で盛り上がっていました)

会員は山下洋輔を筆頭に筒井康隆、タモリ、赤塚不二夫、坂田明、山下洋輔、赤瀬川源平、南伸坊、他、そうそうたるメンバーである。
因みに第二回会長は筒井康隆。

活動期間は75年に立ち上げ、77年、78年と「冷し中華祭り」を開催して79年に解散している。
この「筒井康隆文明」は解散の半年前の作品であり、どうやら「全冷中」運動の流れで作成されたもののようである。
f0021654_15172383.jpg

とにもかくにも待望の初CD化である。
山下洋輔による原作イメージを上手に膨らました「バブリング創世記」。
「これはジャズによる神降ろしだな」とメンバーが言ったそうだ。なるほどねー。
そしてその終盤になぜか入ってる、「熊の木節」(熊の木本線より)
いやぁ、こいつを聴けるとは思わなかった。
小説同様、宴の席で歌ってはいけないあの「本歌」を歌ってしまった時のあのイヤァ~~~~な雰囲気。。
背筋が寒くなりました。
いやぁ!CD化ありがとう。本当に嬉しい。
ちなにみB面は「寝る方法」の筒井康隆本人による朗読ライブ。
これもイケマス。
[PR]
by rakachibe | 2008-08-26 15:19 | 今日の偏った一枚

雨ダス

涼しくなったのはいいんだけど、昨日今日と雨。
外に出れないウチのお嬢はかなりご不満のご様子。
f0021654_16441232.jpg

人がマウスをいぢってると・・・
ハナを突っ込んでグングンと腕持ち上げてアピール。。
f0021654_16443787.jpg

コラコラ、変なとこクリックしてしまうでわないか!!
f0021654_1645646.jpg

ひーーっ!!これじゃパソコンいじれませーーーんっ!


その頃、るいは。。。
f0021654_1649276.jpg

あらまぁ、めずらしく丸くならないで寝ておりますよ。しかも床で。
[PR]
by rakachibe | 2008-08-24 16:51 | イヌ

ある日

森の中
f0021654_12574134.jpg

クマさんにであった
f0021654_12582559.jpg

くまさんの言うことにゃ
f0021654_12591689.jpg

・・・・・・
f0021654_12594434.jpg

f0021654_132166.jpg

くまさんの言うことにゃ。。。
f0021654_1305131.jpg

[PR]
by rakachibe | 2008-08-23 13:03 | イヌ

キルドレ達

スカイクロラを観てきました。
人物とメカのギャップがステキ。

f0021654_10561316.jpg


良くも悪くもどこを切っても押井映画でしたね。
押井映画には欠かせないのは川井憲次 さんの音楽。
ドーンドーンと太鼓の音ではありませんでした(^^;)
今回も決めてくれましたよ
で、内容は。。

押井映画にしては非常にわかりやすく作られていたと思う。
これでもか、というほどのわかりやすさで。個人的には最後のあのシーンはいらない思った。
あそこまで親切に作ってあげなければ若者達にメッセージは伝わらないのだろうか?
とちょっと思ったくらいで。
草薙水素(クサナギ・スイト)という名前は原作でもそうなのだろうか?
甲殻は草薙素子(クサナギ・モトコ)で、今度は水素(スイト)。
それじゃぁ次回作は阿素子素子(アソコ・ソコ)で「やけくそ天使」のアニメ化だ!(爆)

水素(スイト)の菊地凛子の声は正解。
ちょっとその場から浮いた声がキルドレにはリアルな気がします。
静かで、いろんな感情を極力抑えたように見えた。
哀しい映画でしたよ。
ワタシ的にはどんな戦争映画よりも、胸にきましたね。
シチュエーションは違えど、ブレードランナーのレプリカントの哀しさとダブりました。

追記:TOHOではやってなかったのでこっちでの老舗、ワーナーマイ○ルに観にいったのだが、    席の狭いこと狭いこと。。
      足がまったく伸ばせなかった。
    できることならもうアソコでは観たくないなぁ。
[PR]
by rakachibe | 2008-08-17 10:52 | 映画:DVD

初秋刀魚

おまたせしました。
やっとこサンマを食いました。
油のりのり。
f0021654_13392527.jpg

夏ヤゴ(純米生原酒)とともに美味しく頂きました。
f0021654_13413058.jpg

ごちそうさま。
[PR]
by rakachibe | 2008-08-16 13:37 |

夏の風物詩

今朝は日差しが強かった。

ので。
なるべく日陰を歩いたのだが、ラモーナとるいはすぐに舌を出してハァハァです。
どこかのおばちゃんが「きれいなワンちゃんねー」と、ラモーナをかまってくれました。
おばちゃんありがとう。
と、帰り道、るいがハァハァしておりません。
さっきまでべろべろのハァハァだったのに。
「むん」と口をつぐんでワタシと目を合わせません。

・・・・・
f0021654_17543627.jpg

セミ食ったな?


・・・・・・・
目を合わせません。
f0021654_1755815.jpg

抜け殻は食わないくせに、、、
セミ食ったな

そのまま口を硬く閉ざしたまま、帰宅。
リビングでちょっと出したところを奪い取ろうとしましたが、失敗。
口から翅がはみ出てます。
こ、こりはまずい。しかも、「ジジッ!」って言った。

無理やりこじ開けるのも嫌だったので、「るい!パンと交換しよう!」
とパンの切れ端を差し出すと、パクッって。
ジジッ!カリカリ、ムシャムシャ。ごっくん。」
セミの断末魔とせんべいを食べるような乾いた音としっとりとしたパンの音の
三重奏がるいの口から聞こえてきました。
f0021654_1755476.jpg



f0021654_17594115.jpg

[PR]
by rakachibe | 2008-08-14 17:56 | イヌ

闇の騎士

つーワケで、観てきましたヨ。
「ダークナイト」(ネタバレありです)
f0021654_15202815.jpg

ポニョは今度micaと行ってきます。(今、彼女はハリポタ祭りなので。。)

新生バットマン第2弾ですな。
ヒース・レジャーの遺作、クリスチャン・ベールのDVなどで何かと話題の作品です。

今回も前作「バットマン・ビギンズ」に引き続き同じ監督のシリアス路線で。
1作目は正直、真面目すぎね?って思ったのですが、今回は思いつめすぎでね?
まー、生真面目あっての思い詰め。

ツラいよなぁ。
前作はこの映画のためのプロローグだったのね。

しかし、こんだけ肉体的にも精神的にもボロボロのヒーローって。。

その上
「おめのせいで村がめちゃめちゃだぁ!娘さ返してくれ!この村さ出てってけれ!」
などといわれる始末。

ワタシ的には「カムイ外伝」「妖怪人間ベム」とか、「七人の侍」、TV版「超人ハルク」
などを思い出したですよ。
昔のヒーローは孤独だったよな。
タフじゃねーと続かないよなぁ。

同じヒーローでもスPダーマンの悩みなんて、思春期のこっ恥ずかしい悩みだよな。
しかもヒロインが不細工ときたもんだ。
しまいにゃ手の平からピュッピュカピュッピュカ と糸、発散させて。
スポーツしなさい!
しかも観終わった時何も残らないしなぁ。ベノム好きだけど。

そしてジョーカーのイカレ様は。。。
ティムバートン描くところのジョーカー及び、ペンギンはフリークスの哀しさを描いていたが、
クリストファー・ノーラン版は絶対の悪(卑劣な)を貫いているアナーキーっぷりが気持ち良い。(天本君ではない)
でもいたらとても怖いです。
バットマンとジョーカー、善を追求する者と悪を追求する者、コインの裏と表、
でも決して陰と陽ではないな。
陰と陰だ。
ジョーカーの「お前が存在するからオレがいる」発言はステキでした。

そしてもうひとりのヒーローになるはずだったが、
この二人によって誕生してしまったトゥー・フェイス。。

暴力が暴力を呼び、終わりのない無間地獄ですね。

唯一の救いのシーンはフェーリーの囚人の判断シーン。
アレにはちょっと救われた。
でで、話はとても救いようがない終わり方をしますが。。
アレは抜け忍ですな。

あっという間の152分でした。
好きな映画に入れてあげる。


そして最後のシーンでわかったこと。
ダークナイトは「暗い夜」ではなかったってこと。
「闇の騎士」だったんですね(^^;;

それにしてもレビュー書くのヘタだなぁ
[PR]
by rakachibe | 2008-08-13 15:18 | 映画:DVD