でかくろの裏だよ。 連れ合いの後出し日記。。


by rakachibe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

夏じゃね?

今日は海老名、34.9度まで上がりましたよ。
夏ですね。
昨日は比較的涼しかったのにね。
で、そんな昨日は先日見た「男子ごはん」でやってた「カツオのにんにくキムチ和え」。
なんせ「男のロマンシリーズ第2弾」だそうだからw
早速生協で買って来ましたよ。カツオ。
スーパーマンデーで¥290だ!安いだろぉ。
で、作ってみた。
f0021654_18585973.jpg

んまい!
辛い!
完全に酒の肴であった。
で、トウモロコシとともに食べました。
f0021654_19625.jpg

ボケボケ。

東北から届いた日本酒が良く合うのよこれが!
旨いっす!
いつもありがとうございます。
[PR]
by rakachibe | 2011-06-28 19:06 |

参った

被災地から戻って来て以来非常に調子が悪い。
ブログをUPするのにもなかなかに腰が重い。
なんかね駄目なんです。僕。
なので、ここらで気分を変えていつもの通りいい加減なブログでGO!

6/8
実家に帰ったときの母の陶芸作品二点。
なんか、人と生き物?とキョーレツな顔の蚊遣り猫
の置き物。f0021654_17465760.jpg
f0021654_17473989.jpg

まぁいい。
母の作品は良しとしよう。

しかし問題はこいつだ。
[PR]
by rakachibe | 2011-06-28 17:55 | 雑記

2日目

2日目は献花から。
見渡す限りの焼け野原。

亡くなられた方に心よりご冥福をお祈り致します。
f0021654_0583972.jpg

その後、藤原家の片付け。
瓦礫の中から使えるモノを探し出します。
f0021654_1143935.jpg

桐のタンスの中にはお母さんの着物が。。
引き出しが開かないので木槌で破壊して中身を取り出しました。
着物や、端切れ、食器、アルバム、などなど、イロイロ探し出せました。
だけど、お父さんのへそくりが隠してあるだろう台所には到達しないで時間がきてしまいました。
f0021654_1174057.jpg

まず、冷蔵庫が運べ出せない。
お父さんごめんね。

午後ワタシは大槌町蓮乗寺へ蓮魚の木を植えに。

f0021654_1253191.jpg

大槌町蓮乗寺といってもそのお寺は津波と火災の為、跡形も無くなっておりました。

寺から見た風景

それでも、住職がプレハブの仮住まいでがんばっておられました。

f0021654_127726.jpg

熱で溶け歪んだ街頭

ここの住職とは年齢も近い事もあり話も合いました。
使用してたPCはMACだったようです。
漢字TalkだのなんだのMAC使い同士ならではの会話が出来ました。
Winは使いづらいよねーと盛り上がりました。

f0021654_1283714.jpg

釘も拾いました。
拾わないと、パンクしてしまうのだよ。
狭い道でのUターンはとても危険なのでした。
[PR]
by rakachibe | 2011-06-21 01:08 | 雑記

ただいま

って言ってもとっくに帰って来てたのだが。。

5/31の夜から6/4まで岩手に震災支援に行ってきました。

震災が起きてからTVでその惨状を見るにつけ何か出来る事はないものだろうか?
と思ってたの。
もちろん義援金の協力はしていたのだけど。

一人でボランティア活動なんてどうやったらいいかわからんし、、
しかも、絶対的に迷惑かけるだけだしなぁ。。

と思っていた矢先、いつもお世話になっているカイロプラクティックの三田村先生が
震災支援をやっているのを知り連れて行ってもらう事になりました。
先生達は支援物資の調達と被災地の方々へのマッサージが主な活動です。
マッサージはもちろんのこと皆さんのお話を聞く事が一番喜ばれるそうです。
先生のブログはこちら

当初は一緒に行く方の車に同乗させて頂く予定でしたが、物資が乗り切れずに急遽ワタクシの
ステップワゴンちゃんの出番にw
ワタシは今まで遠くても福島までだったので岩手なんて初めての遠征です。
途中運転交代を申し出て頂いて代わってもらったのですが、自分の車が人の運転だとどうにも怖くw
申し訳ないのですが結局自分で運転しました。

そして、朝8時過ぎ。
海岸沿いは混むからと、山を登って回り道をしました。
山中、なんでこんな山なのに車が転がってる?
あぁ、川沿いだから。。
川登ってここまで津波きてたんですね。

9時前、ボランティア活動証明書を発行して頂く為にに大槌町ボランティアセンターに到着。
大槌川下流にあります。
土手のゴミの山から何か音がします。

廃棄されたプロパンのガスを抜いている音でした。
そっかぁ、抜いとかないと危ないものね。
ぶしゅ〜〜〜〜〜〜〜〜ッ


そして大槌町赤浜小学校へ向かう途中車の窓からみえるものは、、
見渡す限りの瓦礫の山です。

これでも片付いたそうです。
満ち潮になると、海水が、、、
地盤沈下でしょうか?

TVで見ていたソレでしたが、目の前には自分の目で見た現実が広がっていました。
運転しながら涙がこぼれてます。
スイッチが入ってしまいましたよ。
想像はしてたんですけどね。
そこには何千、何万という魂が渦を巻いているってわかっていたんです。
ワタシはそういった力などは皆無なのですが、そんなワタシでも分かる位のエネルギーが瓦礫の街から伝わってきました。

その後、先生達は避難所へ施術へ、ワタシの仕事は炊き出しの餃子の皮巻きを手伝わせていただきました。
f0021654_2324150.jpg

写真はプロの調理人が素人の我々に包み方を教えてくれているの図。
だが先生のようにはうまく包める訳はないのであったw
ワタシが餃子を包んで間に坊さんでもありアーチストでもある、三田村先生の弟さんは行脚へ出発。

いってらっしゃーい。

以下、写真イロイロ。
f0021654_091812.jpg

一階まで津波が来た模様。
二階は大丈夫だったようだが、、、怖かったろうなぁ。。。
って、もちろん避難して家には残っていなかった事を祈る。
f0021654_0124764.jpg

防波堤の意味なくなってるし。。

f0021654_0165572.jpg

港町は一面焼け野原。
東京大空襲の跡ってこんなんだったのではなかろうか。

f0021654_0151066.jpg

山に登っても山火事で。。
火の粉であちこちに飛び火した模様。
木々もこげていた。
餃子包んでいる間は良かったが、ふと我に返って周りを見渡すと胸が痛い。

思うんです。
ワタシはなにをしに来たのだろうと。
もちろん、なにかしら役に立ちたい!と言う気持ちが一番なのですが。
この目で現実を見てみたいという気持ちが強かった。
どうして見てみたかったのか。
単なる野次馬にはなりたくない。
単なる野次馬には来てもらいたくない。
そして、現状を目の当たりして、、

やっぱり、胸が痛いです。

単に寝不足だからかもw
[PR]
by rakachibe | 2011-06-20 23:13 | 雑記

釜石

釜石市駅前にこんなとこがあった。
f0021654_1735416.jpg

夢の冷蔵庫。
住んでみたいw
[PR]
by rakachibe | 2011-06-09 17:04 | 雑記

お片づけ

瓦礫の中ら大事なものを探しました。
f0021654_13152158.jpg

救出したドロドロの食器達。
持ち帰って洗いました。

f0021654_13172421.jpg


こんなに綺麗になってくれるとこちらまで
嬉しくなってしまう。

お気に入りの自分のカップでまた美味しいコーヒーを飲めますね。
f0021654_13332794.jpg


more
[PR]
by rakachibe | 2011-06-03 16:43

3日めのオハヨー

f0021654_752572.jpg

朝ラーです。450円なり。
[PR]
by rakachibe | 2011-06-03 07:52

雑魚寝

f0021654_022424.jpg

ボランティア軍団は畳に雑魚寝なのであった。(風呂は無し)
[PR]
by rakachibe | 2011-06-02 00:22

炊き出し

f0021654_8102632.jpg

今日は炊き出しの手伝いをしいました。
餃子をつくりましたが身がはみ出たり
形もみなバラバラです〜o(^▽^)o
焼きあがった餃子は頂いてません。
美味しかったのかな?
[PR]
by rakachibe | 2011-06-01 12:02

岩手に来たよ

f0021654_1148326.jpg

涙が出たよ
[PR]
by rakachibe | 2011-06-01 11:48